バックナンバー 

保育日誌No.36【2012.05.01発行】


4月○日【三軒茶屋ユニット 西村耕一郎】


 春四月、花の頼りもあちこちで聞かれる時候になってまいりました。尾山台では英語のレッスンで、ジェイソン先生とEasterの風物詩でもあるegg huntを行いました!まずはお教室でEaster eggについて英語の絵本を読み、脳にインプットさせてから、いざ公園へ♪ジェイソン先生が先回りして公園に行き、卵をあちこちに隠してスタンバイ。そして子供達が到着していよいよスタートしました!あちこちに隠れてる卵を見つけて子供達も笑顔で大喜び♪実は卵には仕掛けがあり、中にはお菓子が入ってるんだよ。とジェイソン先生が説明すると、子供達の足は更に加速し、公園中を走りまわって探していました。沢山見つけた卵をマムに持って帰る途中、子供達が『One more time!』と先生にお願いすると、なんとジェイソン先生がサプライズで隠していた卵をマム尾山台の入り口より発見!!最後まで楽しいイベントとなり、お土産にお菓子を持って帰りました。



4月△日【三軒茶屋ユニット 四元佑子】


 4月に入り、ようやく暖かく感じられるようになり、街のあちらこちらで花が咲く季節になりました。 今日は、英語教室のマリッサ先生とピクニックです。いつもお散歩に行く公園とは違う所に行くことに 子どもたちも嬉しそうにはりきって出発!ちょうど桜が満開となり、桜のトンネルの下をABCソングや チューリップの歌を歌いながら歩き駒繋公園に到着。長いローラースライダーを見ると子どもたちは、 目をキラキラさせ、一目散に上まで登っていきました。ローラースライダーの下にいたマリッサ先生に 「おーい!」と手を振って大はしゃぎしながら滑ったり、桜の花びらを集めたり、ちょうちょうを探したり、 思い思いに楽しみました。その後、公園でお弁当を食べ、頑張ってまた歩いてマムクラブに戻ってきました。 マムクラブに着くと、ほとんどの子が疲れてスヤスヤ……
少し疲れたけど、春を感じながらお弁当を食べ、たくさん遊んでとても楽しい一日だったようです。



4月□日【豪徳寺ユニット 福本裕子】


 桜の花もあっという間に散り、暖かい日が続いている毎日です。マムクラブも4月になり、マーくんクラスのお友達はめでたく幼稚園生になりました。新マーくんクラスのお友達はこれから一年、頑張り時です。4月のマムクラブはリトミックは聴く・動く、脳力すくすくは色、英語はフォニックスの発音を中心にレッスンを行っています。恥ずかしさが先立ってまだ自分を出せない子も、自分はどんな表現をしようか考える子をお手本にし、自分らしさを発揮していきます。
 『遊びは学び』という基本理念をもとに、マムクラブでは子供1人1人の個性を大切にし、子供が自分らしさを充分に発揮できる保育を目指しています。スタッフも1つになって今年度もみんなで楽しいマム生活をつくり出していきましょう!

保育日誌No.37【2012.06.01発行】


5月○日【豪徳寺ユニット 山中未来】


 木々の緑もひときわ色濃くなり、日中は汗ばむ初夏の陽気になってきました。公園には色とりどりの花が咲き乱れています。
 5月5日はこどもの日、今日はこどもの日のお祝いに「こいのぼり制作」を行ないました。こどもの日って何?なぜこいのぼりを飾るの?「こいのぼり制作」を始める前に、先生がこどもの日の意味を説明すると、子供たちは早く作りたくなってきた様子。ナイロンでできた鯉に、ステンシルでうろこを模様づけするという作業は、左手でうろこの型を押さえて、右手で絵の具の付いたスポンジをポンポン・・・と両手を上手に使わなければならず、非常に集中力が必要なものとなりました。最後は鯉のおめめを両面テープで貼り付けて・・・できた! 完成したこいのぼりを振り回す子供、乾くのを待ち遠しく眺める子供、それぞれのこだわりを表現したカラフルなこいのぼりが、みんなの健やかな成長を見守ってくれるでしょう。



5月△日【尾山台ユニット 富永啓美】


 新緑の5月、散歩に出掛けると木々の緑も鮮やかに輝いているように見えます。もうすぐ母の日というある日、尾山台では子供達の手作りフラワーアレンジメントをしてお母さんにプレゼントしようと考えました。いつもお家の事やみんなを笑顔で見守ってくれるお母さんにありがとうの気持ちを込めて作ろうね!と話すと目をキラキラさせながら「抱っこしてくれる」「ご飯美味しいよ!」などお母さん自慢が始まり、世界一大好きという気持ちが子供達の顔から溢れ出ていました。まずオアシスにカーネーションやかすみ草などの生花を思い思いに飾り、頭の中で一生懸命思い出して描いたお母さんの顔と自分の手型を添えるとアレンジメントの完成です。お花屋さんのようにラッピングをしてドキドキワクワクしながらお母さんが来るのを心待ちにしてた子供達!「ありがとう!」の言葉と共にプレゼントするとお母様から歓声が上がりました。親子の見つめ合う素敵な笑顔に心温まる母の日のイベントでした。



4月27日【三軒茶屋ユニット 四元佑子】


 4月27日、三軒茶屋ユニットで合同イベントのスプリングコンサートがありました。どんな楽器で演奏してくれるのか、みんな楽しみに待っていました。今年は色をテーマにクラリネットとアコーディオン・ピアノの楽器をプロの演奏家の人に来ていただき、演奏してもらいました。
 クラシックだから、子ども達の反応はどうかな?とドキドキ不安もありましたが、演奏が始まるとおしゃべりする子もいなく、みんな演奏に聴き入っていました。初めて見たり聴いたりするクラリネット・アコーディオンの音に驚く子も演奏を聴くうち興味津々に見つめる姿も見られました。また、赤ちゃんはあまりにも心地良い音色に途中からスヤスヤ眠ってしまいました。「ラブソディ・イン・ブルー」や色をイメージして作曲してくれた曲などを聴き、テンポがよい曲では、みんなで手拍子をしながら楽しい時間を過ごしました。最後の「over the rainbow」では、先生達も感動してしまいました。
 このような本物の楽器の音を聴く貴重な経験は、子ども達の心に強く印象に残った事と思います。これからもマムクラブで子ども達と一緒に色々な経験をしていきたいです。

保育日誌No.38【2012.07.02発行】


6月1日【尾山台ユニット 木下留美】


 少し汗ばむほどのお天気の中、今日は全ユニット合同のイベント、Jason&Marisa先生による「英語でリトミック」が行われました。いつもと違う公園、いつもよりもたくさんのお友達に、ちょっと緊張ぎみだった子どもたちもレッスンでおなじみの曲が流れると、自然と体が動きます。「London bridge」では、他のユニットのお友達も一緒に列になって歩き、先生の作る「bridge」につかまると、「わあ!」と大喜び!他にもたくさんの歌を歌ったり踊ったりして英語を楽しんだ子どもたち、お昼には美味しいお弁当を食べて元気を充電し、ミニSLに乗ったり、交通広場で小さな車に乗ったりして、1日めいいっぱい楽しみました。



6月○日【三軒茶屋ユニット 四元佑子】


 梅雨の季節になり、色とりどりのアジサイの花も咲き揃い、私達の目を楽しませてくれています。 マムクラブでは6月10日の「時の記念日」にちなんで皆で大きなアジサイ時計を作りました。お散歩の途中や公園に咲いているアジサイをよく観察し、アジサイの花は青やピンク・紫色と様々な色があることを知りました。マムクラブに帰り、さっそくアジサイに見立てた時計作りがスタート!スポンジに青・ピンク・紫色の絵の具を付けポンポンとスタンプし、その後折り紙をちぎってのりで貼りました。紙をちぎる事は、指先の運動にもなり、脳の働きを活性化させる大切な作業です。マムクラブの子ども達は、すくすく教室で行っているので、紙をちぎったり、絵の具の扱い方もとても上手。あっという間に色とりどりの素敵なアジサイ時計ができ、最後に長針・短針を付け完成!出来あがると、時計を前に皆で「とけいのうた」を歌って踊りました。楽しい振り付けに「もう1回!」と何度も何度も踊る子ども達の姿は、とてもかわいらしかったです‼



6月△日【豪徳寺ユニット 矢口加寿子】


 今日は父の日のプレゼント制作です。
マムクラブでは毎年恒例のコーヒーカップづくりです。毎年作って1歳、2歳、3歳と一つずつカップを増やしている子供がいたり、今日が初めての子がいたりマムでは様々な顔ぶれが皆一緒に遊び、学び、体験します。子供たちのすごいところは物怖じしないことだといつも大人になってしまったわたしなどは反省させられるのですが、初めての体験でも常に好奇心と興味に身を前のめりにして意欲的に取り組むのです。
白無地のカップに子供たちがそれぞれ思い思いに筆を動かして陶器用の絵の具で模様付けをします。
赤、青、黄の三原色だけしか使っていないのにカップの上で複雑にまじりあいとても素敵な作品が出来上がりました。
 パパへのカードを添えてお土産にしました。子供の自尊心はすばらしいなあと感動する瞬間です。皆が本当に自分で作ったものを誇らしげにママ、パパに差し出すのですよ。ご兄弟で何年も通ってくださっているお母さまから「お兄ちゃんのときのをまだ毎日使っています。」とうれしいお話もいただきました。

保育日誌No.39【2012.08.02発行】


7月□日【豪徳寺ユニット 矢口加寿子】


 毎日暑い日が続いていますがこの暑さに負けない元気いっぱいの豪徳寺ユニットの子供たち。 今日は”作ってみよう”で『掛け軸』を作ります。まずはじめに子供たちに清少納言の枕草子から「夏はよる…」の章を朗読して読み聞かせます。むかしむかし、女の人が書いたんだよ、夏は夜がすてきだなあという話だよ。と、まだまだ難しいかなと思いながらも説明すると子供たちは真剣な顔で聞き入っていました。聞きなれない古典文学ですが昔からある有名作品に触れ日本独特の風情、情緒などの感受性の種まきができるといいなと思います。それからさあ、夏になって夜になって見える素敵なものなあに? と質問すると、おとなしかった子供たちはわれ先にと「花火」「ほし」「お月様」などなどしっかり考えてどんどん答えてくれました。これだけでも十分脳みその体操ですよね。それから先生があらかじめ作っておいた見本を見せてから制作。みんな思い思いに花火や星などを黒い画用紙にかいてから和紙のうえに貼って簀巻きを使ったなかなか立派な掛け軸が完成しました。



7月△日【三軒茶屋ユニット 四元佑子】


 梅雨が明け、暑い日が連日続いています。暑い夏を乗りきるには、うちわ!ということで、毎年恒例のうちわ作りを行いました。今年の三軒茶屋ユニットのうちわは、年齢の大きい子は和紙で朝顔を折って染め、小さい子は自分の手形をスタンプしてカニを表現しました。
 まず大きい子は、和紙を折ることからスタート。折り紙と違う和紙の感触を確かめながら、先生の説明をよく聞いて折り、紫色や赤紫色の絵の具で染めます。途中折り方が分からない子がいると、隣の小学生の子が幼稚園生に優しく教えてくれる姿も見られ異年齢保育の良さを実感しました。小さい子は、自分の手に赤い絵の具を付け、勢いよくうちわにペタッ!カニの目には、黒いシールを貼り仕上げました。
裏側の面は、全員でマーブリングにしました。水を貼った容器の中に赤・青・黄・緑・橙の5色の中から自分で好きな色を3色選び、水面に1.2滴たらして、棒で混ぜます。マーブル模様になったところにうちわを水面に付け模様を写します。きれいに写し上がった模様を見て「すごい!」と子ども達は興奮していました。
 大きい子、小さい子とも個性豊かな可愛らしいうちわが出来ました!このうちわを使って、暑い夏を楽しく過ごして欲しいと思います!



7月○日【尾山台ユニット 西村耕一郎】


 『今日は流しそうめんパーティーなんでしょー?』と朝から楽しみにしていた子供達。マムクラブでは毎年恒例のイベントです♪ですが今年の尾山台ユニットは、ひと味違います。なんと本物の青竹を使い水路を作りました!まずは西村先生の背よりも高い青竹を目に子供達もびっくり!!実際に竹の匂いをかぎ、青竹を手で触れた時に、ほんのり感じる冷たさに『冷たいねー』と驚いていました。そして青竹のすべり台から流れてくる水の音を耳で聴きながら、泳ぐそうめんを上手にキャッチ!年下の子供達も先生がフォローしながらなんとかキャッチ!!みんな笑顔いっぱいで、美味しく頂きました。マムクラブでは遊びの中で五感を刺激し、心身ともにたくましく子供を育てるイベントを随時行っております。子供達にとって遊びとは『学ぶ』事であり大切な要素です。

保育日誌No.40【2012.09.10発行】


8月3日【尾山台ユニット 富永啓美】


 8月3日(金)みんなが楽しみにしていた3ユニット合同イベントこどもの国遠足が実施されました。当日はギラギラと太陽が照りつけ、暑い1日でしたがみんな元気一杯過ごす事が出来ました。
到着後ゲートをくぐり進んで行くとトンネルを発見!「キャーキャー」と大喜びの子ども達。中には暗い所が苦手で泣き出してしまう女の子もいましたが「大丈夫だよ!」と優しく声を掛けて励ましてくれるお友達がいたりと微笑ましい場面もありました。牧場では牛の大きさに驚く子、鳴き声に後ずさりしていく子、じーっと見つめている子など様々でしたがみんな興味津々でした。
お弁当が終わり、少し遊んだ後はいよいよソフトクリームタイム!1人1人に配られると口のまわりを真っ白にして夢中になって食べていました。「冷た〜い」「きゃ〜溶ける」と大騒ぎでした。大きなアイスも小さなお腹の中に消えていきました。SLにも乗ってこども国を満喫した子どもたち。たくさん歩いて、たくさん遊んで素敵な思い出がたくさん出来た1日だった事でしょう。



8月□日【豪徳寺ユニット 青木智美】


 暑い夏にはピッタリの食べ物といえば、子供も大人もみんな大好きカレーです。
子供たちは「今日はカレーを作るよ!」「お家で作ったことあるよ!」と朝からとても楽しみにしています。にんじん♪たまねぎ♪じゃがいも♪カレーライスの歌を歌ったら、いよいよ調理スタートです。
初めは、たまねぎの皮を剥きます。小さい子ががんばって剥いたたまねぎを、大きい子が手を切らないように野菜をしっかり押さえてきります。同じように、ジャガイモとにんじんもピーラーで皮を剥いて切ります。次に切った野菜とお肉を炒めます。「いい匂いがしてきた!早くたべたい!」とカレーの完成がまちどおしそうです。具材がいたまったら、煮込んでカレールーを溶かして出来上がりです。料理の過程を知ることで、“食”に対する興味を引き出せたと思います。みんなで協力して作ったご飯は、いつもとは違った味がしたことでしょう。おかわりもして、おいしかったね!



8月28日【三軒茶屋ユニット 諸川雅子】


 サマープレスクールも今日で終わりです。きょうは、下北沢ユニットにて修了発表会が行われました。修了証書を一人づつもらう晴れやかな顔、リトミックを楽しそうに行うこども達、それを見守る保護者の皆様、緊張感のなかに暖かいものが感じられる素敵な式になりました。夏休みの間4週間をかけて作った手作り絵本の発表では、こども達の達成感に満ちた顔が忘れられません。縁日では、色々なものをお買い物。マムの通貨1マークンをにぎりしめ、買い物をしたり、輪投げやお化け屋敷に興じるこども達の楽しそうな様子が印象的でした。
 夏ならではの遊びを沢山体験してもらい、夏休みを有意義なものにという目的で行っているサマープレスクール・サマースクールも毎年参加者が増えてきています。今年も3才から小学生がいっしょになって、様々なイベントに挑戦してきました。参加した小学生にどうだったと聞くと、「チョー 楽しかった!!」と言われ、来年も、もっと工夫をこらして頑張ろうと強く思いました。