バックナンバー 

保育日誌No.51【2014.05.01発行】


3月○日【下北沢ユニット 勝俣翔】


 今日はマリッサ先生と消防署見学をしました。子どもたちにとっては待ちに待ったイベントで朝からとても興奮していました。消防署まで少し距離がありましたが、まだ2才になっていない子も一生懸命歩いてくれました。消防署では、隊員さんたちがお話してくれたのですが子どもたちはよく聞いており、それにとても目を輝かせていました。消防車に乗るときには、しっかり順番を守って乗ることができました。何回も何回も乗る子やランプをつけてもらいそれをみただけでも興奮していました。最後は隊員さんたちと一緒に写真撮影でした。とても楽しかったね。



3月28日【尾山台ユニット 青木智美】


 三月末のぽかぽか暖かい春の陽気のなかマムクラブでは修了式&進級式を行いました。マーくんクラスは卒マムをしいよいよ幼稚園へ、ムーちゃん・クーちゃんクラスは1つ上のクラスへと進級します。修了証書を貰うため緊張の面持ちのなかお名前が呼ばれるのを待ちます。お名前が呼ばれると、大きな声で“はい!”とお返事して証書を受け取りました。脳力すくすく教室で製作した桜を壁に飾り、すくすくの先生方によるパフォーマンスに子供たちは目が釘付けでした!式が終わると楽しみにしていた縁日のお買い物ごっこです。子供たちは我先にとどんどんお買い物。あっという間に完売でした(笑)お寺の境内ではトンネルくぐりや魚釣りをして遊びました。楽しい時間はすぐに過ぎ、最後に“思い出のアルバム”でマムクラブの1年間を振り返りました。  マムクラブに卒業はありません。幼稚園へ行ってもまた遊びに来てくれるのを待ってるよ!新しい学年に上がったお友達はまた1年間いっぱい遊んでいっぱい学ぼうね!



4月△日【豪徳寺ユニット 藤田菜美】


 桜満開の便りがあり、ポカポカのお花見日和となったこの日、ジェイソン先生と一緒にお弁当を持って山下公園へ遊びに行きました。「桜咲いているかなぁ〜?」とノリノリで出発!!みんなで手をつないで歩いていると、きれいな桜が目の前に!「桜のトンネルみたいだね」と春の景色を楽しみながら公園へ行きました。大きな桜の木の下で、花びらを集めたり、お砂場、ブランコ、すべり台と大はしゃぎで遊びました。そしてお待ちかねのお弁当タイム、ブルーシートにみんなで座り、桜を見ながら食べていると、ヒラヒラ花びらが舞ってきました。「わぁーわぁー雪みたい」とみんな。和やかな楽しい時間となりました。春は、色とりどりの花を見たり、蝶やアリ、てんとう虫など公園がにぎやかに♪ 子どもたちも新しい発見がたくさんあるようです。  



4月□日【三軒茶屋ユニット 能口真合】


 英語のクラスの中でイースターエッグを作りました。イースターとは、『復活祭』のことで、キリストが生き返った日と言われています。その日や春をお祝いするために特別に飾り付けされたゆで卵をイースターエッグと言います。 ゆで卵の殻にクレパスで模様をつけて、食紅をお湯でといた後にお酢を少し加えます。お酢を加える事で色落ちを防ぎます。そこに卵を浸けると…食べても安全なカラフルイースターエッグの完成です! 子供たちは卵を割らないようにそーっと模様を書いたり、お酢の香りに酸っぱい顔をしたりしながら作っていました! みんなお家に帰って食べるんだと大切そうに持って帰りました!

保育日誌No.52【2014.06.16発行】


5月8日【三軒茶屋ユニット 佐々木千早】


 今年度初の合同イベントは三軒茶屋にて行われました。プロの演奏者をお招きして、生演奏を聴き、本物の楽器に触れました。今回は、バイオリン、アコーディオン、ピアノ。お友達は椅子にしっかり座り、騒ぐことなく演奏に聴き惚れていました。感動してスタンディングオーベーションするお友達も!また演奏とすくすくのコラボレーションもあり、花のワルツに合わせてお花畑を描くパフォーマンスも見ることができました。聴くときのマナーを学び、『本物』に触れることができました。



5月○日【尾山台ユニット 川上千里】


 五月晴れ以上に真夏日が続いた5月の日、マムクラブでは子供達が大好きなお母さんに母の日のプレゼント製作をしました!プレゼントはカーネーションやバラなど可愛いお花を何種類か用意し、月齢の低い子供でも作れるようにフラワーアレジメントをしました!年齢の大きいお友達はきちんとお花の配置を考えて生けられたり、年齢の小さいお友達は先生の補助もありながらもきちんと自分でお花を挿す事ができました。仕上げは自分で色塗りしたちょうちょのイラストを挿して完成!一人一人とても素敵で個性的なプレゼントが出来上がりました!子供達もお花を挿す事は初めての経験だと思うので興味を示し、お母さんを想いながらとても楽しそうに制作していました♫お帰りの時に子供自身がプレゼントを持ちお母さんの所へ向かい、一所懸命練習した「いつもありがとう」の言葉を添えて渡しました。お母様達はビックリ!我が子からの初めてのプレゼントとだととても喜んでくれました!このような記念日にもイベント製作があり、毎回楽しく、その季節を感じられる行事を行っています。次は父の日だね!お父さん、待っててねー!



5月30日【豪徳寺ユニット 矢口加寿子】


 5月にしては暑いかな? というくらいの晴天に恵まれたお天気の中世田谷公園で合同イベントの「英語でリトミック遠足」を行いました。ジェイソン先生、、マリッサ先生といっしょに大きな公園でリトミックの権頭先生のアコーディオンにあわせてのびのびと元気いっぱいに歌い、踊りました。 マムクラブでは子どもたちに本物を体験してもらう、本物に触れてもらうことを基本の一つにしています。ネイティブの先生とアコーディオンの生演奏で体を動かす体験は子供たちにとっても太陽の光にまけないくらい輝く体験となったと思います。お昼を食べたあとはもうひと遊び! 走り出す子供たちの速いこと!虫や鳩にびっくりしたり、いつもとは違う遊具に挑戦したり、いつものお友達とはちがうお友達と遊んだりたくさんのドキドキも発見も子供たちは味わうことが出来た一日になりました。 



5月□日【下北沢ユニット 勝俣翔】


 下北沢では壁面製作を行いました。このぐらいの時期になってくると田んぼや水辺の周りでゲロゲロとかえるの合唱が聞こえてきます。それにこどもたちにもかえるという身近にそして想像しやすいということで題材を「かえる」にしました。こどもたちにはかえるの形にきった画用紙を渡しました。クレパスで顔やおなかを一生懸命に描いていました。3才の女の子はおなかを失敗したーと残念がっていたりと真剣に取り組んでいました。出来上がると子どもたちは大喜びでした。でもお名前がないと寂しいなと子どもたちにお話しました。すると、「みどりちゃん」にしようと3才の男の子が言ってくれました。みんなもそれがいいようで納得していました。 またみんなで楽しく作ろうね。